『近現代中国の芸能と社会』

Top / 『近現代中国の芸能と社会』

『近現代中国の芸能と社会―皮影戯・京劇・説唱』

  • 中国都市芸能研究会叢書 03
  • 氷上正・佐藤仁史・太田出・千田大介・二階堂善弘・戸部健・山下一夫・平林宣和 著
  • A5判/216頁+カラー口絵8頁
  • 好文出版
  • ¥2,800+税
  • ISBN4-87220-168-0
  • 発売中

近現代における中国の芸能の変容とその社会背景などを、歴史学・演劇学・文学・宗教学などから検討した論文8本を収録。

cyl03.png

目次

前言     氷上正

Ⅰ 近代江南における村落社会と芸能―宣巻と堂名を中心に     佐藤仁史

Ⅱ 太湖流域漁民の香頭と賛神歌―非物質文化遺産への登録と創り出された「伝統」     太田出

Ⅲ 皖南皮影戯考―伝播・変容・特色     千田大介

Ⅳ 平水大王と招宝七郎     二階堂善弘

Ⅴ 檔案資料から見た1950 年代中国の影絵人形劇―河北省における登記工作を中心に     戸部健・山下一夫

Ⅵ 黒竜江省の影絵人形劇―その系統と伝承     山下一夫

Ⅶ 古装新戯の誕生―『嫦娥奔月』初演の文脈と古装の由来     平林宣和

Ⅷ 北京における相声の現状についての一考察     氷上正

執筆者紹介