『都市芸研』第三輯/中国都市芸能研究会叢書発刊のお知らせ

Top / 『都市芸研』第三輯 / 中国都市芸能研究会叢書発刊のお知らせ

中国都市芸能研究会叢書発刊のお知らせ

中国都市芸能研究会では、これまでの約十年にわたる研究活動を通じて、さまざまな研究成果や資料を収集してきました。それらの資料には、例えば、現地研究者の演劇研究に関する草稿や台本、芸人の著述といった、一定の資料的価値を有しながらも中国国内では出版が困難な資料が多く含まれています。また、研究会の同人による翻訳・学位論文・資料目録などの研究成果も蓄積されています。こういった研究成果の公開を進める目的で、本研究会ではあらたに「中国都市芸能研究会叢書」を、好文出版のご協力のもと発刊しました。

学術書というものは、とかく高い価格で販売されがちです。しかし、学生や一般の愛好家などを含めたより多くの読者に読んで頂くには、価格は安いにこしたことがありません。このため、本叢書では、ハードカバーは採用せず、A5判・ソフトカバーとし、価格も極力3,000円以内に収める方針です。

2004年にはその第一冊目として、北京皮影戯の老芸人であり、本研究会の北京皮影戯研究にご協力頂いた劉季霖氏作の『影戲説-北京皮影戲之歴史、民俗與美術』(中国語)を刊行しました。劉氏の経験と見聞に基づき、中国皮影戯の歴史と地域ごとの特性、および北京皮影戯の形成史・音楽・台本・上演風俗などについて、図版・楽譜・台本などを交えて解説したものです。現在絶滅の危機に瀕する北京西派皮影戯の全貌を詳細に記録した資料としても、重要な意味を持つものと思われます。お近くの中国書籍専門店にてお買い求め下さい。

今後も中国都市芸能研究会叢書からは、研究会会員の著作、現地研究者の論攷、資料目録、翻訳などの刊行が予定されております。ご期待くださいませ。