『都市芸研』第五輯/執筆者紹介

Top / 『都市芸研』第五輯 / 執筆者紹介

執筆者紹介

大野 陽介(おおの ようすけ)

  • 【生年】1975年
  • 【最終学歴】大阪市立大学大学院文学研究科中国語・中国学専攻後期博士課程在籍
  • 【論著】「小説「紅嫂」の成立と変遷」(『中国文芸研究会会報』第300期記念号、2006年)

川 浩二(かわ こうじ)

  • 【生年】1976年
  • 【最終学歴】早稲田大学大学院文学研究科中国語・中国文学専攻博士後期過程中退
  • 【現職】早稲田大学非常勤講師
  • 【論著】「『通俗皇明英烈伝』の「通俗」―歴史小説『英烈伝』の日本における受容から―」(『中国文学研究』第三十一期、2005年12月)、「一矢、睛を貫く―史書『皇明通紀』と歴史小説『英烈伝』の語り―」(『中国文学研究』第三十期、2004年12月)、「『朝顔日記』と『桃花扇』」(『「朝顔日記」の演劇史的研究―「桃花扇」から「生写朝顔話」まで―』、2003年1月)

田村 容子(たむらようこ)

  • 【生年】1975年
  • 【最終学歴】神戸大学大学院文化学研究科博士課程単位取得退学
  • 【現職】早稲田大学坪内博士記念演劇博物館助手
  • 【論著】『中国女性史入門――女たちの今と昔』(共著、人文書院、2005年3月)、「試論李六乙的“新戯劇”『穆桂英』」(香港中文大学『香港戯劇学刊』第5期、2005年3月)、「港からきた“女優”―民国初期の北京における「坤劇」について」(神戸大学文学部海港都市研究センター『海港都市研究』創刊号、2006年3月)

千田 大介(ちだ だいすけ)

  • 【生年】1968年
  • 【最終学歴】早稲田大学大学院文学研究科中国文学専攻博士課程中退
  • 【現職】慶應義塾大学経済学部助教授
  • 【論著】「北京西派皮影戯をめぐって」(科研費報告書『近代中国都市芸能に関する基礎的研究』、2001年3月)、「乾隆期の観劇と小説~歴史物語の受容に関する試論~」(『中国文学研究』第二十四期、1998年12月)、『チャイニーズ・カルチャー・レビュー』1~3(共同監訳、好文出版、2005~2006年)

仲 万美子(なか まみこ)

  • 【生年】 1955年
  • 【最終学歴】大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)
  • 【現職】同志社女子大学教授
  • 【論著】「日本・中国・西洋音楽文化の重層的対話」(1997年3月博士(文学)学位取得論文)、「京劇への異文化からの視線とその意義」(『民族藝術』第17号、2001年3月)、「東アジアの総合芸術に対する異文化理解の意味―20世紀初頭の京劇、歌舞伎の海外公演を事例として」(日本音楽学会創立50周年記念国際大会プロシーディングス『音楽学とグローバリゼーション』、2004年)

氷上 正(ひかみ ただし)

  • 【生年】1953年
  • 【最終学歴】東京都立大学人文研究科中国文学専攻博士課程単位取得満期退学
  • 【現職】慶應義塾大学総合政策学部教授
  • 【論著】『中国の禁書』(共訳、新潮社、1994年9月)、『性愛の中国史』(共訳、徳間書店、2000年6月)、『インテンシブ中国語―集中型中国語講座』(共著、東方書店、2000年10月)

藤野 真子(ふじの なおこ)

松浦 恆雄(まつうら つねお)

  • 【生年】1957年
  • 【最終学歴】神戸大学大学院文学研究科修士課程国文学(中国文学)専攻修了
  • 【現職】大阪市立大学大学院文学研究科教授
  • 【論著】『中国二〇世紀文学を学ぶ人のために』(世界思想社、2003年)、「文明戯と夢」(『中国学志』觀号、2005年)、「文明戯の実像―中国演劇における近代の自覚」(『中国における都市型知識人の諸相』大阪市立大学大学院文学研究科都市文化研究センター、2005年)

三須 祐介(みす ゆうすけ)

  • 【生年】1970年
  • 【最終学歴】早稲田大学大学院文学研究科芸術学専攻博士課程単位取得退学
  • 【現職】広島経済大学経済学部助教授
  • 【論著】「滬劇の「導演」―『羅漢銭』とその周辺─」(『中国文学研究』第31期、2005年)、「早期滬劇演目への視点─周良材氏の研究を中心に」(『広島経済大学研究論集』第28巻第1号、2005年)、「「現代戯」としての滬劇の起源」(『季刊中国』第76号、2004年)

山下 一夫(やました かずお)