『都市芸研』第十一輯/2012年夏季現地調査の概要

Top / 『都市芸研』第十一輯 / 2012年夏季現地調査の概要

「近現代中国における伝統芸能の変容と地域社会」2012年夏季現地調査の概要

氷上 正・太田 出・佐藤 仁史・千田 大介・戸部 健・二階堂 善弘・平林 宣和・山下 一夫

1.はじめに

中国都市芸能研究会では、2010 年度より科学研究費補助金(基盤研究(B))「近現代中国における伝統芸能の変容と地域社会」(研究課題番号:22320070、研究代表者:氷上正)による江南地方および東北地方・北京の皮影戯などの伝統芸能を対象とするプロジェクトを立ち上げた。研究の三年目である2012年度には、これまでの調査・研究結果を踏まえ、個別の対象に絞り込んだ調査を実施した。調査にあたったのは、氷上・太田・千田・山下・佐藤・戸部の6 名である。

前半の安徽省調査では、皖南皮影戯を対象として、宣城市・宣城区・広徳県等において芸人へのインタビューを実施し、また後半の華北・東北調査では、東北皮影戯や相声を中心に、北京市・天津市・黒竜江省哈爾浜市・河北省石家荘市等においてインタビューの他、所蔵資料調査や上演活動の調査も行った。

調査にあたり、各劇団や芸人への連絡・紹介については、元北京皮影劇団の劉季霖氏、元陝西省民間芸術劇院の楊飛氏、慶應義塾大学講師の大野香織氏にご尽力いただいた。また一橋大学修士課程の菅野智博氏、浙江師範大学修士課程の李星毅氏、広島大学修士課程の李雅君氏には、方言通訳および調査記録の作成の補助をお願いした。記して感謝申し上げる。

2.日程と概要

(1)安徽省調査

8/4山下終日:成田空港より空路、上海へ。
8/5山下終日:上海にて同済大学教授・張閎氏を訪問、意見交換を行う。
8/6山下終日:上海市内にて資料収集。
8/7千田午前:上海市内にて山下と合流。
千田・山下午前:陸路、安徽省宣城市宣城区水東鎮へ移動、皖南皮影博物館の何沢華館長に面会。
午後:陸路、安徽省広徳県へ移動。
8/8千田・山下終日:広徳県祠山崗にて、広徳県皮影劇団団長の蔣道根氏にインタビュー。
8/9千田・山下午前:広徳県横山の祠山寺を調査。
午後:陸路、安徽省宣城市へ移動。
佐藤終日:成田空港より空路、上海へ。陸路、杭州空港へ。
太田午前:福岡空港より空路、杭州へ。
太田・佐藤杭州空港にて合流。陸路、安徽省宣城市へ移動。
8/10太田・佐藤・千田・山下終日:宣城区労山村にて、皖南皮影芸人の呉金陵氏にインタビュー。
8/11太田・佐藤・千田・山下午前:宣城区洪林にて、皖南皮影芸人の方宗唐氏にインタビュー。
午後:広徳県祠山崗にて、広徳県皮影劇団団長の蔣道根氏にインタビュー。
8/12太田・佐藤午前:広徳県祠山崗にて、広徳県皮影劇団団長の蔣道根氏にインタビュー。
午後:江蘇省呉江へ陸路、移動。調査終了。
千田・山下終日:安徽省宣城市より陸路、上海へ移動。
8/13千田・山下終日:上海浦東空港より空路、帰国。
蔣道根氏
広徳皮影戯影人
呉金陵氏
方宗唐氏

(2)華北・東北調査

8/19戸部午後:成田空港より空路、北京へ。
8/20戸部午前:鉄道で北京より石家荘へ移動、河北省社会科学院を訪問。
午後:河北省檔案館にて資料収集。
8/21戸部終日:河北省檔案館にて資料収集。
8/22戸部終日:河北省檔案館にて資料収集。
氷上終日:羽田空港より空路、北京へ。
8/23戸部終日:河北省檔案館にて資料収集。
氷上午前:北京市内にて資料収集。
午後:国家図書館にて資料調査。
8/24戸部午前:河北省檔案館にて資料収集。
午後:鉄道で北京を経由して天津へ移動。
氷上午前:北京市内にて資料収集。
午後:首都図書館にて資料調査。
8/25氷上午前:北京より天津へ移動。
氷上・戸部午後:名流茶館・古文化街古書市場・天津老城博物館・謙祥益文苑にて調査。
8/26氷上・戸部午前:天津戯劇博物館・天津勧業場・天津博物館にて調査。
氷上午後:天津より北京へ移動。
8/27戸部終日:天津市檔案館にて資料収集。
氷上午前:北京市内にて資料収集。
午後:老舎茶館・広徳楼見学、相声の調査。
8/28戸部終日:天津市檔案館にて資料収集。
氷上午前:天橋徳雲社見学、資料収集。
午後:湖広会館見学、資料収集。
8/29戸部午前:鉄道で北京へ移動。中国国家図書館にて資料収集。
午後:北京市内にて資料収集。鉄道で天津へ移動。
氷上午前:市内にて資料収集。
午後:国家図書館にて資料調査。
8/30戸部午前:天津市檔案館にて資料収集。
午後:バスで北京空港へ移動、北京より空路、帰国。
氷上終日:市内にて資料収集。
千田・山下終日:成田空港より空路、北京へ。
8/31氷上・千田・山下終日:北京市内にて資料収集。
9/1氷上午前:市内にて資料収集。
午後:湖広会館にて相声調査。
千田・山下終日:空路、黒竜江省哈爾浜市へ移動。
9/2氷上終日:北京より空路、帰国。
千田・山下終日:哈爾浜市内にて、皮影芸人の于九文氏にインタビュー。
9/3千田・山下終日:哈爾浜児童芸術劇院を訪問、皮影戯『月影』・『書法』を鑑賞し、副院長・薛兆平氏、皮影団長・穆玉琴氏、劇団員・周晶坤氏にインタビュー。
9/4千田・山下終日:哈爾浜第13回民間民俗芸術博覧会を見学、皮影芸人の于九文氏にインタビュー。
9/5千田・山下終日:哈爾浜市内にて資料収集。
9/6千田・山下終日:哈爾浜第13回民間民俗芸術博覧会を見学、皮影芸人の于九文氏にインタビュー。
9/7千田・山下終日:空路、北京へ移動。
9/8千田別科研費の調査へ。
山下終日:北京皮影劇団元団員・皮影芸人の劉季霖氏を訪問。
9/9山下終日:北京市内にて資料収集。
9/10山下午前:創新力博社にて、文献デジタル化打ち合わせ。
午後:国家図書館にて資料収集。
9/11山下終日:北京市内にて資料収集。
9/12千田・山下終日:北京より空路、帰国。
河北省檔案館
謙祥益文苑
天津戯劇博物館
天津勧業場の天華景戯院
天津博物館
湖広会館の相声
皮影戯『書法』
薛兆平氏(左)
于九文氏(中央)

* 本稿は日本学術振興会科学研究費補助金「近現代中国における伝統芸能の変容と地域社会(平成22~24年度、基盤研究(B)、課題番号:22320070、研究代表者:氷上正)による成果の一部である。