北方芸能プロジェクト成果報告/国劇概念の変遷

Top / 北方芸能プロジェクト成果報告 / 国劇概念の変遷

国劇概念の変遷 清末から1960年代の台湾まで

平林 宣和

「京劇は中国の国劇である」という定義は、ごく一般的な常識、あるいは一種の決まり文句として中国社会に流布している。我々外国人もまた、京劇が国家の文化を代表する演劇として定位されていることに対し、特に不自然な印象を持つことはないだろう。

しかし大陸においては、この定義自体は頻繁に使用されるものの、京劇の呼称は一貫して「京劇」であり、劇団名や公演名に直接国劇という名称が用いられることはまずない。また、国劇は即ち国粋であるがゆえに、みだりに加工せず可能なかぎり原形をとどめて継承するのが好ましい、という態度が取られているかといえば、新編歴史劇や現代戯が常時一定量生産されている現状からして、そうした通念もまた共有されているとはいえないだろう。新作に労力を割かず、保存継承を重視すべきだという人は多いものの、それは現今支配的な趨勢となっているとはいいがたい。大陸において「国劇」とういことばは、呼称としても、あるいは通常想定されるような価値観としても、十分に通用しているとはいえないのである。

一方台湾では、国民党の遷台以降、二十世紀の後半を通じほぼ一貫して国劇という名称が用いられてきた。並行して「平劇」という呼称も使用され、また1990年代に入ってからは徐々に「京劇」も使われるようにはなったが、一方でオフィシャルな場面においては、「国防部国劇隊」といった呼称に見られるように、主として国劇が京劇の呼称として通用してきたのである。

京劇は国劇かという議論に、おそらく結論はないだろう。国劇という呼称自体、国民国家の形成にあたり、国民の共有する文化資産というカテゴリーに演劇が取り込まれた結果として生じたものである。それゆえこの命題に根拠らしきものを与えるのは、それを支持する人々が用いる文化的、政治的戦略としての言説のみであろう。とはいえこうした言説は、時に一つの演劇の命運を左右する力を持ちうるものであり、台湾における国劇の位置づけは、その顕著な実例の一つとなると思われる。小稿は、この国劇概念の消長をたどりつつ、それが担った意味内容に関して初歩的な検討を試みるものである。ただし、当時の資料の把握、収集が十分でないため、簡単な整理レベルに止まるものであることを最初にお断りしておく。

一、国劇ということば

まず国劇ということばとその含意について、簡単に確認をしておきたい。このことばは、中国への国家および国民という概念の流入に連動して出現したものであり、その時点はおそらく二十世紀初頭以前に遡ることはないと思われる。以後二十世紀を通じて、国劇には複数の含意があったことが確認できるが、それらはおおよそ以下の三つに大別可能である。

  1. 近代以前から行われてきた中国在来の演劇の総称。
  2. 在来の演劇の代表として特に京劇を指し示す。
  3. 余上沅の提唱による、中西双方の演劇の特質を融合した新たな国民演劇としての国劇。

このうち3については、1920年代に現れた実験的芸術運動のコンセプトとして用いられたものであり、通念として一般化したものではないので、ここでは検討の対象から外しておく*1

一方の1および2はともに、国医、国画、国術等と同様、中国固有の伝統文化という含意があるが、時期的にはまず1の出現が先行している。管見に及ぶ限りでは、1904年に発表された蒋観雲「中国之演劇界」*2の末尾に、国劇ということばの最も早い使用例が見られる。悲劇を持たないことが中国演劇の最大の欠点であるとして、「国劇刷新」を唱える改良運動期の代表的文章だが、ここで使われている国劇は、特に京劇に限定されたものではなく、1の中国在来の演劇全般という意味であった。以後こうした意味を付与された国劇ということばは、演劇関係の文章の中に散見されるようになる。

一方2の用例に関しては、初出および普及の時期に関して十分な考証が行われていないため確実なことは言えないが、おそらくは1931年の北平国劇学会の創立前後に一般化していったのではないかと思われる。七年後の1938年に刊行された徐慕雲『中国戯劇史』の皮黄戯の項に、「晩近竟有上皮黄劇以国劇之尊号者」という一文があり、この記述を信用するなら、国劇=京劇という用法は、1930年代にはある程度普及していたということになるだろう。もっとも国劇学会の「国劇」も、その機関誌である『戯劇叢刊』創刊号所載の傅芸子「発刊詞」が、「崑漢黄秦」全てを研究対象とすると述べているように、当初は1の意味で用いられていた。しかし学会の中核にいたのが梅蘭芳、斉如山など京劇関係者であり、また梅蘭芳や程硯秋等が相次いで欧米に紹介された時期でもあったため、他の劇種は徐々に脇に追いやられ、もっぱらに京劇を指すことばとして普及していったと考えられる。同時に、最も洗練された中国伝統文化の粋という含意も、当時の京劇俳優の水準の高さと相俟って、この時期以降漸次付与されていったのであろう。

二、台湾における国劇概念(1945年から1965年まで)

さて、日本植民地時代即ち二十世紀前半の台湾では、京劇は「正音」、「外江戯」、「京戯」、「平劇」など様々な名称で呼ばれていた。大陸で生まれた国劇という名称がいつ頃台湾にもたらされたか、今のところ期日を確定し得ないが、少なくとも日本植民地時代の台湾演劇史を扱った複数の研究書からは、国劇の使用例を見出すことはできない*3

一方、温秋菊編による年譜「清末民初以来伝統職業劇団的演出(1909-1948)」*4の記載から見出しうる国劇の早期の使用例は、いずれも1945年、すなわち台湾が植民地支配を脱した戦後の事例である。最も早い例が1946年に来台した新風国劇団、それに続くのが1948年に公演を行った鉄路局国劇研究社であり、いずれも劇団名として用いられている。さらに毛家華『京劇二百年史話 上・下巻』には、1949年5月に上海から中国国劇団が来台、一部の俳優はそのまま大陸に戻らず台湾に居残った、との記述がある*5。新風国劇団や中国国劇団は民間の職業劇団だが、このように光復から国民党遷台に至る時期を発端として、各種資料に国劇という名称が散見されはじめるのである*6

さらに国劇ということばがある程度一般化した様子を確認できるようになるのは、1950年代以降である。たとえば後に台湾における京劇上演活動の中核となる陸海空の三軍国劇隊、すなわち大鵬国劇隊、海光国劇隊、陸光国劇隊が、もともと軍中にあった劇団を基盤に設立されたのは、1950年代のことであった(それぞれ1950年、1954年、1958年に設立)。加えて、1961年に刊行された台湾演劇史の専著である呂訴上『台湾電影戯劇史』(銀華出版社)の一部、「台湾平劇史」を通覧すると、国民党の遷台後の記述にのみ国劇という名称が用いられ、それ以前の部分は平劇という名称に統一されている。この書籍が出版されたのは国民党遷台の十二年後であるから、文面には1950年代当時の語感が反映されていると見てよいだろう。以上の情報を総合すると、京劇を表す国劇という名称は、民間劇団や軍中の劇団によって国民党遷台前後に台湾に持ち込まれ、以後各国劇隊の設立と期を一にして一般化していったものと考えられる。

では当時の国劇(平劇)に対して、人々はどのような社会的機能を期待していたのか、先述の「台湾平劇史」には以下のような記載がある。

民国四十年前後に顧秋正劇団が解散(訳注:顧劇団の解散は1953年)、永楽戯院も映画館に鞍替えし、一時期平劇の上演は全く絶えてしまった。一部の平劇関係者は次々と改業し、平劇は衰亡の危機に立たされたのである。時の参謀総長であった王叔銘将軍は、平劇が我が国固有の思想道徳を発揚し、それを暗黙のうちに人々に伝え、社会教育の不足を補うことができるという点に鑑み、各方面からそれを大いに提唱した。これによって平劇は衰退の道から蘇ることができたのである。

演劇の社会教育機能を称揚する、従来からたびたび語られてきた言説だが、この資料によれば1950年台前半に、中国固有の文化を維持、伝達してゆく媒体として、平劇の維持すなわち国粋の保存が必要である、との主張が軍の実力者によってなされたということになる。この認識が当時どの程度共有され、また国民党の文化政策に具体的にどのように反映されていたか、現時点では十分明らかにしえない。しかし少なくとも、国軍を中心にして、平劇に対し上記のような意味が注入され始めていたことは確実であろう。またそれは、中国文化の正統は我々が継承する、という当時の国民党の矜持にも合致したものであった。

三、国劇と中華文化復興運動(1965年以降)

しかしながら1950年代においては、一般人を対象とした国劇隊の上演はほとんど行われていなかった。そもそも1964年にいたるまで、三軍国劇隊はそれぞれ軍隊内の康楽隊に属しており、その主要な任務は軍隊の慰労だったのである。国光劇場など専用の劇場はあったものの、一般の人々が国劇隊の上演を実際に目にできるのは月に一回程度、その意味では先に述べた国劇の社会教育機能は十全に果たされていたとは言い難く、国劇と一般社会との距離はかなり遠いものだったといってよいだろう。

しかし1965年に至って、この状況に一定の変化が訪れる。この年に国防部総政治作戦部が国軍新文芸運動を提唱し、国光劇場を改造して国軍文芸活動中心を開場、国劇隊の常打ち小屋とし、以降一般向けの上演が頻繁に行われるようになったのである。さらに翌1966年に中華文化復興運動が開始され、国劇の普及継承はその重要な一項目と見なされるにいたった。こうした変化の背景には、大陸における文化大革命の勃発がある。中華文化復興運動の発端については、省政府の出版物において以下のように説明されている。

この年(訳注:1966年)の八月、中共は大陸において紅衛兵を用いた文化大革命を発動し、中華伝統文化の一切を破壊することを企図した。有識者達は深い憂いにとらわれたこの時期に、…中略…国父誕生日を中華文化復興節と明確に定めるよう政府に建議し、一方で中華文化復興運動を立ち上げたのである*7

そしてこの運動のなかで国劇はあらためて国粋と定義され、以降各種の普及活動が実施されている。

国劇の推進活動と、各劇団の上演レベルの向上:国劇は国粋であり、省分会(訳注:復興運動推進委員会台湾省分会)は強力にその普及活動を押し進め、これまでたびたび国劇巡回模範公演を挙行し、上演観摩清唱コンクール、国劇文武場研習会、国劇舞踏研究会などの活動を指導してきた*8

中華文化復興運動推進委員会は翌年の1967年7月に成立しているが(同台湾省分会はさらにその翌年)、その副委員長をつとめた陳立夫の国劇に対する態度に関して、以下のような記述が残されている。

陳資政(訳注=陳立夫)はまたこのように述べている。「略…国劇は芸術の精華を集め、また自ら暗黙の内に道徳仁義の宣揚に威力を発揮する。これがその尊ぶべきところである」。この言に従うと、国劇芸術を振興することができれば、あらためて道徳を整備することができ、道徳が整えられれば、文化の復興も可能となる。それゆえ国劇芸術は、今日の文化建設の上で非常に重要な役割を占めているのである*9

以上は1962年に始まった「電視国劇」に関する書籍の序文からの引用だが、ここでも先の王将軍の場合と同様に、国劇が伝統的価値観を伝達する媒体として称揚されているのである。

先に触れたように、国劇ということば、そして国劇=国粋という概念は、国民党遷台前後に台湾に持ち込まれ、1965年以前の段階である程度普及はしていた。しかし国劇隊の活動範囲が限定されていたため、当初は実質的にその機能を十分発揮していたとは言い難い。それが1965年以降、大陸の文化大革命に対する台湾側のリアクションとして、国粋としての意味をより強固に背負わされる結果となり、加えてその機能を十全に発揮させるべく、各種の環境整備が行われたのである。

国民党が共産党の文化政策に対抗するため、国劇に関する施策を実施していった背景を、研究者の王安祈は以下のようにまとめている。

「伝統演目を上演すること」と「老戯の復活上演」という二つの重点項目の背景は、政府の遷台後の文化全体、さらには政治の趨勢と密接な関係がある。中共の「革命」文化に対して、台湾の国民党政府は「正統」の継承を自らの任務とし、採択した文化政策もまた「伝統の復興」であった。京劇の観客の大部分も、芸術的観点はその政治的立場と一致しており、対岸の共産党が伝統演劇を任意に改造することに不満を持ちつつ、一方で細心の注意を払って台湾京劇の正統な地位を守るべきだと考えていた。当時の大部分の劇評家が常に念頭に置いているのは、すべて「北平の富連成科班では云々」といったことであり、伝統的なものを正統と見なす文化的気風は非常に明確であった*10

時期によるニュアンスの強弱には触れていないが、大陸からもたらされた国劇ということばに、国民党および台湾の政治的、歴史的文脈に基づく特殊な含意が重なり合っていった様子が、この記述から見て取れるだろう。

結び:

以上、清末における国劇ということばの誕生から、国民党の遷台、さらに文化大革命期に至るまでの台湾における国劇概念の歴史を通覧してきた。冒頭に述べたようにいまだ初歩的な整理という段階に止まるものであるが、二十世紀前半に大陸で使われ始めた国劇ということばが、国民党遷台に付随する形で台湾に伝わり、さらに文化大革命に対するリアクションとしてその意味を強化していったプロセスを、ある程度素描し得たのではないかと思う。

なお、これ以後の1970年代末から1980年代にかけて、郭小荘の雅音小集(1979)や呉興国の当代伝奇劇場(1986)など、新作演目や新たな演出形態を追求する民間劇団が設立され、従来の国劇という枠組みから一定の距離を置いた活動が展開され始めた。さらにその後、台湾本土意識の台頭と、それに連動した政治状況の変遷の影響を被り、1990年代に三軍国劇隊が合併、国軍内の劇団が全て消滅するという、小稿で素描した国劇の発揚という方針とは全く反対の動きが現れている。こうした近年の新たな局面については、また機会を改めて記述したいと思う*11


*1 余上沅の国劇運動については、松浦恒雄「国劇運動再考」(『野草』第50号、1992年)に詳しい。
*2 『新民叢報』3巻17期。阿英編『晩清文学叢抄 小説戯曲研究巻』、中華書局、1962年所収。
*3 邱坤良『新劇與旧劇 日治時期時期台湾戯劇的研究(一九八五~一九四五)』、自立晩報社文化出版部、1992年。および徐亜湘『日治時期中国戯班在台湾』、南天書局有限公司、2000年。
*4 温秋菊『台湾平劇発展之研究』、学芸出版社、1994年所収。
*5 毛家華『京劇二百年史話 上・下巻』、行政院文化建設委員会、1995年。
*6 さらに、1945年から1954年までの台湾における演劇活動を記した焦桐編「戦後台湾戯劇年表」によれば、1950年から「鉄路国劇研究社」、「保安司令部官兵康楽委員会国劇組」など、国劇ということばを冠した組織名が出現する。
*7 台湾省政府新聞処『台湾復興四十五年専輯 文化建設篇 教育発展與文化建設』、1990年。
*8 同注7。
*9 王元富『電視国劇論述』、黎明文化事業公司、1982年。
*10 王安祈「文化変遷中台湾京劇発展的脈絡」、『伝統戯曲的現代表現』、里仁書局、1996年。
*11 この論考の続編として、論文「国劇の黄昏――中華文化と本土文化の狭間で」(『広島経済大学研究論集』第25巻3号、2002年 12月)を執筆している。