『都市芸研』第二輯/山西省戯劇研究所所蔵皮影戯劇本目録稿 の変更点

Top / 『都市芸研』第二輯 / 山西省戯劇研究所所蔵皮影戯劇本目録稿

*山西省戯劇研究所所蔵皮影戯劇本目録稿 [#k9475d28]

RIGHT:千田 大介

#contents

*はじめに [#za2a5e2d]

今次の山西省現地調査では、太原市内に位置する山西省戯劇研究所を、8月19日と24日の二度にわたって訪問した。目的は、現地研究者との研究交流をはかることと、同研究所に収蔵される地方劇関連文献資料を閲覧することにあった。

山西省戯劇研究所は、筆者が前年に行った予備調査で訪問し、研究協力関係を築いていたが、初めてかつ短時間の訪問であったため、文献資料に関する調査は実施していなかった。

19日の訪問には、氷上・山下・戸部・千田が参加した。李運啓所長をはじめとする同研究所の主要メンバーと懇談し、同研究所についての説明を受けるとともに、地方劇の上演や文献資料の整理工作について話を伺い、今後の研究協力の可能性について話し合った。

24日の訪問では、同研究所の資料室に収蔵される山西省の伝統地方戯の台本資料を閲覧し、また同所に所蔵される山西省中部の晋中皮影戯、同南部の晋南皮影戯の台本の目録を作成した。

それらの台本の大半は研究所員による手抄本であり、管理上は档案として扱われるため、中華人民共和国国家档案法の制限を受ける。そのため、表紙の撮影や内容の閲覧・メモは認められたが、内容の複写はできなかった。

*目録 [#p97cff32]

以下は同研究所に収蔵される山西皮影戯台本の目録である。

今次の調査は、山西省戯劇研究所側の夏休み時期と重なってしまい、わずか半日足らずしか文献調査時間が得られなかった。このため、目録作成作業においては、全ての皮影戯台本を閲覧室に持ち出し、それらの表紙をデジタルカメラで撮影、帰国後その画像に基づきデータを取るという方法を採用した。

しかし、撮影者および機材の問題から不鮮明な画像が含まれてしまったため、一部の台本については目録の文字が正しいのかいささか不安が残る。また、一部の台本は表紙への情報の記入が十全ではなく、詳細に内容を調査しないとどの地域の皮影戯の台本であるか確定できない。整理番号についても、別途、同研究所図書室の手書き目録と付き合わせる作業が必要となる。

そこで、以上の目録は暫定稿とし、次回の調査時に不足している情報の補完を期すこととしたい。


|劇種|題目|口述者・来源|記録者|重抄者|日時|h
|孝義皮腔|板沙亭|温世宏|董鑑承|孫愛華|1983/3|
|孝義皮腔|五岳図|李正有|李宏| |1962/6/7|
|孝義皮腔|対金鞭|李正有|董鑑承|孫愛華|1983/3|
|孝義皮腔|青龍関|李正有|李宏| |1962/6/21|
|孝義皮腔|五鼠鬧東京|李正有|李宏| |1962|
|孝義皮腔|鎖陽関|李正有|李宏| |1962/6|
|孝義皮腔|火焼琵琶|李正有|董鑑承|王林金|1983/3|
|孝義皮腔|汜水関|李正有|董鑑承|劉玉香|1983/5|
|孝義皮腔|窃降書|李正有|董鑑承|劉玉香|1983/7|
|孝義皮腔|五嶽図|李正有|董鑑承|孫愛華|1983/3|
|孝義皮腔|鬧朝歌|李正有|董鑑承|孫愛華|1983/2|
|孝義皮腔|佳夢関|李正有|董鑑承|孫愛華|1983/6|
|孝義皮腔|澠池県|李正有|董鑑承|孫愛華|1983/6|
|孝義皮腔|炮烙柱|李正有|董鑑承|王林金|1983/3|
|孝義皮腔|文王逃関|李正有|董鑑承|王林金|1983/4|
|孝義皮腔|斬殷洪|李正有|董鑑承|王林金|1983/5|
|孝義皮腔|黄河陣|李正有|董鑑承|劉玉香|1983/5|
|孝義皮腔|凍岐山|李正有|董鑑承|劉玉香|1983/6|
|孝義皮腔|社稷図|李正有|董鑑承|王翠蓮|1983/5|
|孝義皮腔|摘心楼|李正有|董鑑承|王林金|1983/7|
|孝義皮腔|攅心釘|李正有|董鑑承|王林金|1983/7|
|孝義皮腔|森羅陣|李正有|董鑑承|王翠蓮|1983/5|
|孝義皮腔|五賢牌|李正有|董鑑承|劉玉香|1983/7|
|孝義皮腔|八仙鬧東海|李正有|董鑑承|王林金|1983/4|
|孝義皮腔|青龍関|郝如山|董鑑承|王翠蓮|1983/5|
|孝義皮腔|朱仙陣|郝如山|董鑑承|孫愛華|1983/3|
|孝義皮腔|火焼西岐|郝如山|李文|孫愛華|1983/3|
|孝義皮腔|十絶陣|郝如山|董鑑承|王林金|1983/5|
|孝義皮腔|斬侯虎|郝如山|董鑑承|王林金|1983/5|
|孝義皮腔|九龍柱|郝如山|董鑑承|王林金|1983/7|
|孝義皮腔|紂王降香|郝如山|董鑑承|王林金|1983/7|
|孝義皮腔|訪賢|郝如山|董鑑承|王翠蓮|1983/5|
|孝義皮腔|上崑崙| | | | |
|孝義皮腔|対金鞭| | | | |
|孝義皮腔|碧遊宮(賈門関)| | | |1962/12/10|
|孝義皮腔|破六陣| | | | |
|孝義皮影|斬黄袍| | | | |
|孝義碗碗腔|金玉釵|穆銀根|董鑑承|王義|1984/9|
|孝義碗碗腔|九龍冠|穆銀根|董鑑承|王義|1984/8|
|孝義碗碗腔|白洋河|温世宏|董鑑承|王翠蓮|1983/3|
|孝義碗碗腔|九連珠|温世宏|董鑑承|王翠蓮|1983/5|
|孝義碗碗腔|景星関|温世宏|董鑑承|劉玉香|1983/3|
|孝義碗碗腔|紅燈計|温世宏|董鑑承|劉玉香|1983/3|
|孝義碗碗腔|二征北海(観音堂)|温世宏|董鑑承|王林金|1983/7|
|孝義碗碗腔|困淮南|温世宏|董鑑承|劉玉香|1983/3|
|孝義碗碗腔|九華山|温世宏|董鑑承|孫愛華|1983/5|
|孝義碗碗腔|恩陽関|温世宏|董鑑承|王翠蓮|1983/3|
|孝義碗碗腔|清蓮帕|温世宏|董鑑承|劉玉香|1983/5|
|孝義碗碗腔|両世音|温世宏|董鑑承|王林金|1983/6|
|孝義碗碗腔|女忠孝|温世宏|董鑑承|王林金|1983/6|
|孝義碗碗腔|三堂会審|温世宏|董鑑承|孫愛華|1983/6|
|孝義碗碗腔|逼塵珠|温世宏|董鑑承|劉玉香|1983/7|
|孝義碗碗腔|串龍珠|温世宏|董鑑承|劉玉香|1983/7|
|孝義碗碗腔|十王廟|温世宏|董鑑承|王翠蓮|1983/3|
|孝義碗碗腔|三首案|王五保|董鑑承|王義|1984/8|
|孝義碗碗腔|陰陽差|王五保|董鑑承|王義|1984/8|
|孝義碗碗腔|逼親|賀恩成|董鑑承|王義|1984/9|
|孝義碗碗腔|大苦節図(連三本)|焦亮妙|董鑑承|孫愛華|1983/1|
|孝義碗碗腔|龍鳳凰|焦亮妙|董鑑承|王翠蓮|1983/5|
|孝義碗碗腔|華柳林|焦亮妙|董鑑承|王翠蓮|1983/3|
|孝義碗碗腔|玉蓮花|焦亮妙|董鑑承|王義|1984/9|
|孝義碗碗腔|遊河南|李忠孝|董鑑承|劉玉香|1983/5|
|孝義碗碗腔|桃山洞|李忠孝|董鑑承|劉玉香|1983/5|
|孝義碗碗腔|玄武楼|李忠孝|董鑑承|劉玉香|1983/3|
|孝義碗碗腔|二龍山|李忠孝|董鑑承|劉玉香|1983/5|
|孝義碗碗腔|香鈴串|李忠孝|董鑑承|孫愛華|1983/5|
|孝義碗碗腔|大西漢|温世宏|董鑑承|王林金|1983/3|
|孝義碗碗腔|双桂英|焦亮妙|董鑑承|孫愛華|1983/3|
|孝義碗碗腔|琅玕琚| | | | |
| |孝良巻|馮慶栄| | | |
| |乞賢居|馮慶栄| | | |
| |泗陽関|山西省戯研室| | |1981/9|
| |荊紫関|山西省戯研室| | |1981/9|
|晋南碗碗腔|五女興唐(第一~四本)|晋南蒲劇院| | | |
|晋南碗碗腔|困淮南|臨汾蒲劇院存本| | | |
|晋南碗碗腔|還陽伝|臨汾蒲劇院存本| | | |
|晋南碗碗腔|錯報親|臨汾蒲劇院存本| | | |
| |昭君出塞| | | | |
| |莽当山| | | | |
| |柳窰(壱本)| | | | |
| |清素菴| | | | |
| |白玉鈿| | | | |
| |紫霞宮(前本)| | | | |
| |玉燕釵| | | | |
| |泰山廟| | | | |
| |節義楼| | | | |
| |売詩文| | | | |
| |八戒招親| | | | |
| |火雲洞| | | | |
| |四姐下凡| | | | |
| |忠孝図| | | | |
| |金碗釵| | | | |
| |抱靈牌| | | | |
| |建修五台| | | |1960/5/23|
| |観音堂| | | | |
| |鬧天宮| | | | |
| |反金寺| | | | |

*収蔵の傾向 [#lb54d49e]

山西省戯劇研究所に所蔵される皮影戯台本は、一見してわかるように、孝義皮影戯のものが大半を占める。とりわけ、孝義皮腔皮影戯の主要レパートリーである『封神演義』故事が一通りそろっていることは特筆に値しよう。

口述者のうち、李正有および郝如山は玉清園出身の(『孝義県志』)皮腔皮影戯の芸人である。温世宏・馮慶栄・穆銀根・焦亮妙・李忠孝・王五保らは、手元の文献資料には見えない。

孝義皮影戯台本資料のうち、1983~84年にかけて重抄されたものには、いずれも「198x年x月于呂梁」と記されているので、呂梁地区に属する孝義において、現地機関が口述筆記した台本を重ねて書き写したものと思われる。以上の経緯については、今後、戯劇研究所および孝義にて確認する必要があろう。

*おわりに [#s00165d5]

今回、目録は採録しなかったが、同研究所には山西にあまたある地方戯の台本資料が梆子腔系を中心に大量に収蔵されている。『山西地方戯曲匯編』に整理・収録されているものもあるが、大半は未整理の抄本として保存されている。

それらは、地方劇の形成・伝播研究の一級資料であるのみならず、たとえば皮影戯台本と同地域で演じられた人戯台本との比較分析など、さまざまな研究の可能性を秘めている。今後、同研究所収蔵資料の全貌を明らかにするとともに、戯曲・通俗文学研究などの方面から山西地方劇の文化史的性質を明らかにしていきたい。

&size(10){本稿は、日本学術振興会科学研究費・基盤研究B「近代北方中国の芸能に関する総合的研究―京劇と皮影戯をめぐって―」(2002~2003年度・課題番号14310204)による成果の一部である。}
&size(10){本稿は、日本学術振興会科学研究費・基盤研究B「近代北方中国の芸能に関する総合的研究―京劇と皮影戯をめぐって―」(2002~2003年度・課題番号14310204)による成果の一部である。};