教坊記*1又云:「大面出北齊蘭陵王長恭,性胆勇而貌婦人,自嫌不足以威敵,乃刻木為假面,臨陣著之,因為此戲。亦入歌曲。」按:今淨稱『大面』,其以粉、墨、丹、黃塗于面以代刻木而有是稱耶。然戲中亦間用假面。

004/通釈


*1 此條見於《教坊記》第十七頁。

リロード   新規 編集 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-19 (金) 16:30:42 (1100d)