017

『紫桃軒雑綴』に言う。

張鎡、字は功甫、循王張俊の孫で、贅沢を好んだが清らかで気高い風があった。かつて我が郡の海塩*1に来て、庭園を作って悠々自適な生活を送った。歌童*2に歌わせながら、努めて新しい曲を作った。これがいわゆる「海塩腔」である。

『菽園雑記』に言う。


嘉興の海塩、紹興の余姚*3、寧波の慈谿*4、台州の黄岩*5、温州の永嘉*6などには、いずれも習い覚えて倡優となる者たちがいる。これを「戯文子弟」という。

(山下)

*1 現在の浙江省海塩県。
*2 原文「歌兒」。子供の歌い手。
*3 現在の浙江省余姚市。
*4 現在の浙江省慈渓市。
*5 現在の浙江省台州市。
*6 現在の浙江省永嘉県。

リロード   新規 編集 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-19 (金) 16:30:41 (1033d)