028

『輟耕録』に云う。


稗官小説が廃れて伝奇小説が作られるようになり、伝奇小説が作られるようになって戯曲がその後を継いだ。金の終わり、元の初めには、楽曲は依然として宋詞の流れを汲むものであり、(南戯の)伝奇は依然として宋の戯曲が変化したもので、世間では雑劇と呼ばれていた。金の章宗の時、董解元が編んだ『西廂記諸宮調?』は、時代はさほど遠くはないが、それでも読み解ける人はほとんどいない。まして昨今の雑劇の曲辞が煩瑣であるのを読み解けようか。


(千田)

リロード   新規 編集 差分 添付 複製 改名   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-19 (金) 16:30:39 (1182d)